ICレコーダーを使った浮気調査|仕掛けるポイントは?

旦那が浮気をしているかも知れない時に使うと便利なのがICレコーダーです。

今では性能も良く小さいサイズが売られているので、旦那の行動を調べるのには良いアイテムです。

ICレコーダーを仕掛ける時のポイント

thumb_400_1_px400

まずはICレコーダーを仕掛ける所ですが、一番良いのは車の中です。

車の中は密室ですので、バレずに浮気相手と会いやすいのです。

また同乗していなくても、妻にバレずに電話など連絡が取りやすくプライベートを知る事ができる空間です。

車の中でもダッシュボードの中は開け閉めが多いのでやめておきましょう。

バレにくいであろう運転席や助手席の下側や裏などに、両面テープで貼ると良いでしょう。

もし車を持っていない人は、自宅の旦那の書斎や部屋、もしくはいつも電話をするために出ているベランダなど、こっそり仕掛けられるポイントを探しておきましょう。

またICレコーダーはあまりケチって安いものを買うと音声マイクの性能が良くなくて、結局音を拾えないという残念な結果になってしまいます。

少し値段が高いものでも2万円ほどで売られていますので、証拠を掴むためにはそれほどの出費ではありません。

また録音した音声は内容によってはきちんと法廷の場で証拠となりますので選び方は重要です。

どんなICレコーダーが浮気調査には良い?

ICレコーダーには様々な種類がありますが、音声起動装置とタイマー機能があるレコーダーがおすすめです。

旦那がいつ浮気相手と会うかが分からない以上、あまり無駄に録音したくないですよね。

そういう時に便利なのが音がした時に録音を開始する音声起動装置です。

また、タイマー機能があればさらに無駄が減りますので証拠を探しやすく、探偵などにも提出しやすくなります。

もちろんそれと同時に録音時間や件数が多いものを選んでおくと安心です。

音声起動装置は音に反応するので、件数としては細切れでかなりの件数を録音できないと証拠が取れない可能性があります。

できるだけ安く手に入れたいという場合には、こうした機能がきちんとあるかどうかを確認して購入しなければなりません。

コメントを残す