GPSを使って相手の浮気を調べる方法とテクニック

400_F_40420414_FT9tK5MJZiOBbG2o7F5ifyvhrkqphgwn

今やGPSは非常に便利なもので携帯電話にも入っているのが当たり前となってきました。

現在位置が分かるので、そこから近くのお店を検索したりナビ代わりに使ったりと日常的にはかかせないものですね。

実は旦那の浮気調査にも使えるのがこのGPSです。

GPSは自分で浮気を調べるのに持ってこいのツールではありますが、注意点もあります。

GPSにはどんな種類がある?

400_F_40420414_FT9tK5MJZiOBbG2o7F5ifyvhrkqphgwn

まずどんなGPSがあるのかというと携帯電話に付いている電話を探すという方法です。

これを使えば一発でリアルタイムに旦那がいる場所が特定されます。

あまり誤差もないのですが、探した時にその連絡が旦那側にいってしまいますので
浮気調査ツールとしてはあまり機能的ではありません。

その他おすすめはGPSロガーというもので、行った所を記録しておくものです。

価格も数千円で車などに取り付けるだけの簡単なものです。

しかしリアルタイムで知りたい方には向きません。

さらに探偵事務所などでレンタルできるGPSもあります。

これはかなり高性能で、リアルタイムで調査できるものですが、1週間レンタルで2万円など高額であり、無くした時の弁償を考えると少し怖いですね。

また携帯電話メーカーのキッズ携帯もGPSが付いていて、さらにコンパクトですのでカバンにしのばせるには良いでしょう。

ただ契約や解約が少し面倒ではあります。

GPSで浮気調査をするメリットやデメリット

GPS調査は旦那の行動を知るのにかなり良いツールです。

今のGPSは高性能な物も多く、誤差もほとんどありません。

旦那に浮気を認めてもらうためのものであれば良いかもしれません。

しかし実際に裁判での証拠となるとGPSのデータだけでは弱いものがあります。

例えば車に付けていたとしても友達に貸したとか、ホテル横のレストランにいたとか誤魔化される可能性があるからなのです。

やはり慰謝料請求や養育費請求となると、不貞行為をきっちりと写真に収めて付き出さないと動かぬ証拠にはならないのも現実です。